• 採用情報
  • コーシンカルチャー

チャレンジ・変化を楽しむ

チャレンジ・変化を楽しむ チャレンジ・変化を楽しむ

コーシン自動車は、常に新しいことにチャレンジし、進化し続ける会社である。

社員は、自社のことを、そうとらえています。

社長からは常に「何か新しいことをしそう」という空気が漂っていて、社員は実際に会社の進化や成長を目の当たりにしています。

その結果、コーシン自動車には、変化に柔軟に対応し、新しい挑戦に前向きに取り組める人が多くなりました。
前向きな社員が生み出す、前向きなカルチャーがあります。

指示を聞くより、背中から学ぶ

指示を聞くより、背中から学ぶ 指示を聞くより、背中から学ぶ

コーシン自動車のお客様から、よくお褒めいただくことの1つが、
「帰る時にお見送りが素晴らしい。見えなくなるまでずっと見送ってくれて、感激しました!」ということです。

社員に、誰に教わって見送りを大切にしているのかをたずねると「誰にも教わっていません」と答えます。
社長がお客様や取引先の方を見送る時にそうしていたのを見て、自分たちも自然にそうするようになった、と。
コーシン自動車には、そのような逸話が多くあります。

具体的に指示することよりも、普段の会話、語りかけ、そして社長ははじめとする上司、先輩の普段の姿勢、立ち振舞から「自分で学び、実践すること」の重要性が浸透しています。

遊びの中に、学びを見出す

遊びの中に、学びを見出す 遊びの中に、学びを見出す

「遊びながら学ぶ人が増えると良い」と、社長は言います。
新しいことを創造し、チャレンジするには、これが必要なのだと。

日々の仕事で「やらなければならないこと」に追われていては、新しいことを考える余裕ができません。
日々の仕事に疲れ果てていては、仕事外の時間に新しいアイデアが浮かぶ時間は取れません。

プライベートで学べるか、そして、プライベートで学んだことを実現できるような社員がどれだけいるかで、会社の将来に差が出ます。

遊びの中に、学びを見出す 遊びの中に、学びを見出す

「遊びの中に、学びを見出す。」

それを実現するために、社員には基本的に18時、遅くても19時までには帰るような体制を整えています。

できる限りプライベートを大切にできるような体制を取り入れ、遊びながら学び、日々新たなことに挑戦できるような環境づくりを目指しています。

創意・工夫・継続

  1. 創意. 『最適を生み出す』

    自らの目標を設定し、
    そこに向かって常に考える意識を持ち
    最短で最適な答えを導き出します。

  2. 工夫. 『最善を考える』

    目標に向かって進む際に
    よりよい方法はないかを模索し、
    知識と技術を頼りに進みます。

  3. 継続. 『最伸を続ける』

    自らの成長のため、企業の発展のため、
    全てはお客様のために成長を続け、
    目標に向かって挑戦を続けます。